最新の金融情報を読み解く

デットファイナンスについて

企業のファイナンス手法の種類として一般には、企業のファイナンスには様々な手法がありますがが、大きく分けて、「デットファイナンス」と「エクイティファイナンス」がある。
また、この2つの中間的な存在として、負債と資本の性格を併せ持つ「メザニンファイナンス(ハイブリッド証券等)」があるほか、企業が保有する資産を裏づけとして資金を調達する「アセットファイナンス(資産の証券化)」というものもあります。
その中で、デットファイナンスとは、銀行借入や債券発行、シンジゲートローン、社債発行、私募債発行といった負債による資金調達のことです。
(「借入金融」とも呼ばれています)デットとは負債のことを指します。
通常、金融機関などから直接調達する方法が負債による資金調達ですが、金融・資本市場から、直接必要資金を調達する方法もあります。
また、負債なので、デットファイナンスによる借入は当然返済の義務を負います。
デットファイナンスは貸借対照表において負債の部に記載されます。
一般に、エクイティファイナンスが資本の増加を伴うのに対して、デットファイナンスは負債の増加を伴うところに大きな特長があります。
デットファイナンスは企業にとって最も一般的なファイナンス手法であり、主なポイントとして以下が挙げられます。
原則として、返済義務のある資金(負債)である事、支払利息がコスト(費用)として発生する事、レバレッジ効果がある一方で、財務面の安全性に不安がある事、支払利息は会計上、損金に算入されるため、その分課税対象額が低減される事等です。
また、デットファイナンスは、リティカルマス型(ある商品やサービスの普及率が一気に跳ね上がるための分岐点となっている企業)のベンチャーには向いていません。
それは、債権の場合、金利=期待するリターンが数%のため、貸す側もリスクをリターンとバランスしなければならず、VCに比べて安定的な企業にしか資金を出しにくいからなのです。